うーむ・・・

今までレビューやらレイコン用レイアウト製作をやってきた反動かもしれないですが、最近VRMに対するモチベーションがあがりません。そのかわりPS3をする時間が増えました。PS3はMGS4以来、ソフトを買ってなかったのですが、GT5プロローグとニード・フォー・スピードを購入し、さらに3月には本命のバイオハザード5が発売なのでこの先ゲーム三昧に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

レイアウトコンテストお疲れ様でした

今回のレイアウトコンテストはスターターキット限定でしたがいろいろな作品があっておもしろかったです。 今回のレイアウトは前にも書いたとおりVRM3で初めて作ったレイアウトの焼き直しです。VRMONLINEで初めて作るレイアウトだし、初心に帰るという意味でこのレイアウトを選びました。単にトラックプラン考えるのがめんどくさかったとかそんなわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイアウトコンテストに応募しました。

今回のレイアウトコンテストですが、最初は時間的に無理かなと思っていたけどなんとか間に合いました。今回のレイアウトはVRM3特急大全集1を買ったときに初めて作ったレイアウトの焼き直しです。といっても結構作り直したので半分別物なんですがね。 Zioさんも指摘されてましたが「橋上駅舎」は収録されていてほしかったです。 地形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイコン2008 番外編「もうすぐ開業!九州新幹線」

今回は自分のレイアウトの紹介です。コンセプトとしては私が今まで作ってきたレイアウトと同じで非エンドレス構造の実在再現レイアウトとなっています。私は運転席視点か列車の窓から車窓を眺めるのが好きなので風景は線路沿いを重点的に作りこんでいます。なのでフライスルーカメラでレイアウト全体を眺めると空き地がいっぱいなのであまり見ないでくださいな(^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイコン2008 VRMONLINE編

長かったレイコンレビューも最後になりました。というわけでレイコンレビューVRMONLINE編です。 VRMONLINEのレイアウトで一番気になっていたのがUSO800鉄道氏作の「ハイパートレインピック 615m走」です。 ホッキホキがない・・・ 初めて見たときは「これってVRMなの?」という感じでした。VRMONLINEの目玉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイコン2008 Kai Tak氏「DDF 江ノ電情景Layout」 t.niwa氏「山と鉄道」

レイコンレビューの順番ですが基本的にはVRM4→VRM3で応募順に取り扱ってきました。というわけで今日レビューするお二方には大変お待たせしました。 Kai Tak氏作の「DDF 江ノ電情景Layout」は江ノ電の沿線風景を再現したミニレイアウトです。江ノ電というのも結構VRMで取り上げられてきたネタだと思ったんですがこちらを見る限りそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツッコミその他もろもろ

最近レビューする関係でVRM3を使う機会が増えました。んで昔自分が作ったレイアウトを眺めてたりするんですが良く見ると 俺はドンだけ高架工事が好きなんだよww 確かにこういう建設中のものは好きなんですけどこんなに作っているとは気づかなかったですね(^^;)まあこの高架工事の表現方法は今回のレイコン用レイアウトでも役に立った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイコン2008 ざも。氏「尋常一様」 ototetsu氏「大都市へ」

ざも。氏作の「尋常一様」ですが「尋常一様」ってどういう意味?と思ったので調べてみました。意味は「ごくあたりまえで、格別に他と変わらないさま。普通と異なることのないさま。」だそうです。へぇ~。国語がからっきしダメな私にはタイトルにこんな言葉は思いつかないです(^^;)。 ざも。氏の作品は以前レビューしたことがあるのですが、その時より…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レイコン2008 コワレテッキョウ氏「まちなか駅」「新まちなか駅」

今日のレビューはコワレテッキョウ氏作の「まちなか駅」「新まちなか駅」です。 まずは「まちなか駅」。 このレイアウトは主にTOMIX規格のレールを使用し、地上駅、高架駅、地下駅がありレイアウトの中心に大通りを配置しており、レイアウトサイズこそ違いますがそのコンセプトは十衛門氏の「都市の日常」に似ていると思います。 レイアウト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイコン2008 小田急氏「大都市」 仙コリ氏「東京の風景 ~山手線~」

レイアウトを作る際にどんな風景を作るかによってそのレイアウトの方向性も大きく変わってきます。今回のレビュー作品は「都市」をテーマにしたこちらの2作品です。 1つ目は小田急氏作の「大都市」です。 タイトル通りの大都市です。高層ビルの間に通路を通したり工夫もしています。 駅前に止まっているタクシーやたくさん置かれた人形ストラク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レイコン2008 ハリー氏「雪の操車場」

もし今回のレイコンに「努力賞」なるものがあれば、それは間違いなくこの作品であると思います。部品総数46466点、容量7.73Mという数字は今までのVRMのレイアウトの中では1番ではないかと思われます(確証はないですが)。このレイアウトは架線柱及び架線がないですが、もしここまでやっていたらさらに恐ろしい数字になりそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VRNOnlineが値下げしましたね

こちらに詳細があります。ずいぶん思い切ったことをしてきましたね。これでアカウント権うんぬんの問題は解決したってことでしょうか。課金制度もアイテム課金制になったようです。 あと2月2日以降は入会費のみですがVRM4のパッケージ移行には1000円かかります。その前までに入会しておけばアカウント権は1000円必要ですが移行料はいらないみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイコン2008 まつでん氏「ある日の朝」 ケン氏「素晴らしきこの世界」

VRMで作るレイアウトというのは現実的な風景だけとは限りません。非日常な風景も再現することができます。ケン氏の「素晴らしきこの世界」はそんな非日常的な風景をつめこんだアトラクション風レイアウトです。レイコン作品でこのようなコンセプトの作品というとレイコン2005作品の海底探検(40s-50s氏作)があります。 このレイアウトはビュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レイコン2008 ゆうちゃん氏「冬の天王寺周辺の電車(環状線)」 43氏「雪のハーバーランド」

今回のレイアウトコンテストには規定部門があり、その規定というのは季節感が感じられるレイアウトとのことでした。ただVRMには季節が感じられるストラクチャがあまりないので、季節を表現するには地形テクスチャと天球テクスチャに頼る部分が大きいと思われます。また春夏秋冬の中でも、冬の表現は地形テクスチャを雪景色のものに張り替えるだけで、レイアウト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VRM5

前回の記事だけど長くなったので別記事にしました。 という訳でVRM5の話。 パッケージ内容を見るに、VRM4の焼き直し+追加車両みたいな感じでVRM4からのアップグレードがあるにしても、VRM4ユーザーをVRM5に移行させるには弱い気がします。1ヶ月1パッケージでリリースしてもVRM4と同じくらいそろうのは1年後ですしね。という…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レイコン2008 hirochi氏「箱根もみじ狩り」

VRM4には箱根湯沢駅などを収録している小田急ロマンスカーVSE キットというものがありますが、コレを使い箱根湯沢駅を再現しているレイアウトというものは私の知る限り、40s-50s氏によるこのレイアウトしかありません。というわけで材料は揃っているけどなかなか料理されることのない箱根湯沢駅(まあ東京駅や京都駅もそうなんだけど)ですが、hi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイコン2008  moko氏「Town pico」

今日のレビューはmoko氏作の「Town pico」です。 このレイアウトは2000×1200という今回のレイコンの作品の中でも小さい部類になりますが見るものを飽きさせないつくりになっています。さらにこのレイアウトはVRM4第6号のみで作られたワンパッケージレイアウトなので多くの人が拝見できるのではないでしょうか。 このレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイコン2008 こうちゃん氏「夏のローカル線」  melfis氏 「田舎と都会の交わり」

ブログを始めてから初めてではないかと思われる連日更新です。 レイコンレビューについてですが、レビューする順番に規則性はないです。ランダムです。とりあえずVRM4のレイアウトからレビューして、その次にVRM3のレイアウトをレビューする予定です。 今日レビューする作品はこうちゃん氏「夏のローカル線」とmelfis氏 「田舎と都会の交…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レイコン2008 沖ノ鳥島氏「『名鉄小牧線』」

今回のレイコンに送られてきた作品の中で一番気に入っているレイアウトが、沖ノ鳥島氏作の「『名鉄小牧線』」 です。実在再現レイアウトであること、エンドレスループではない線路に様々な駅が配置されていること、結構長い路線距離など、僕の萌えポイントを的確に突いてくるレイアウトです(笑)。さらに自動運転、手動運転の切り替えも可能であり、自分で動かし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

レイコン2008 十衛門氏「都市の日常」

レイコン2008レビューの第1回目はもちろん大賞作である十衛門氏の「都市の日常」です。まあレビューというより作品紹介とその感想みたいな感じです。文章書くのは苦手なので大したことは書けませんが温かい目で見てください。 また前回も大賞作について触れているのでそちらの方も読んでみてください。 このレイアウトは1800mm×…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more