レイコン2009 十衛門氏「追憶の東海道」

今年で4年連続の出品になる十衛門氏ですが毎年1800×900というスタイルを貫いておりその制約の中、ローカル風景あり、都市風景ありと様々な風景を作り出す氏の技術力には驚嘆の一言です。
画像

画像

去年の大賞作である「都市の日常」とはうって変わってローカルなレイアウトです。ぱっと見では今年はシンプルな構成できたなと思いましたがよく見るとしっかりと作りこまれたレイアウトです。あとこの手のレイアウトを作る際、鉄道模型をしたことのない人は線路配線の時点で挫折しそうなんですが(エンドレスを作るのにフレキシブルが使えない)、鉄道模型をかじっている人からすればそうでもないのでしょうか?
画像

自分の環境では165系がないため455系を配置。作者の意図する光景とはちょっと違いますが、このように現実に見れなくなった光景を再現できるのもVRMのいいところですよね。
画像

外側の線路は直線にして、内側の線路にはカーブを付けるなどして変化をつけています。
画像

線路わきの部品もしっかりと配置されています。
画像

これは茶畑でしょうか?東海道→静岡→茶畑という安易な連想でそう思いました。ぱっと見たときはなぜコメットさん?と思いましたがずっと見てるとなんだか茶摘みをしているように見えてきました(笑)

VRM界隈においてこの1800×900という鉄道模型準拠のスタイルでは十衛門氏の右に出るものはいないんじゃないでしょうか。「十衛門流」と名乗ってもいいような気がします(^^)。

漆黒さんによるレビューはこちら
USO800鉄道さんによる動画はこちら
この作品の夜景バージョンである「Midnight Express」はこちら

欠損部品は165系、フレキシブルトンネルポータブル、車両工場アクセサリーです。165系は455系に置き換え、トンネルポータブルはTOMIXのものからIMAGICのものに置き換えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

十衛門
2009年10月16日 01:25
うつみさんはじめまして
レビューありがとうございます。励みになります。

実は鉄道模型で本格的なレイアウトを作ったことがありません。ん十年前にお座敷レイアウト(床の上にレールを並べる)で遊んでいました。
VRMはお手軽にレイアウトが作成できるのが良いですね。

エンドレスの線路配置は、馴染ませ繋ぎを多用します。カーブの途中で繋ぐと目立たなくて良いです。でも、どうしても繋がらない場合は、線形を変えてしまいます。

例の部分は、やっぱり茶畑です。自分も静岡→茶畑だと思っています。

これからも精進していきたいと思います。ありがとうございました。
うつみ
2009年10月16日 02:05
十衛門さんはじめまして。
>鉄道模型で本格的なレイアウトを作ったことがありません
そうなんですか。てっきり鉄道模型にかなり精通されていると思っていました。鉄道模型をあまりかじっていなくてもこれだけのものを作れるということは凄いです。
エンドレスはやはり細かい微調整が必要なんですね。さらに線路配線をレイアウトサイズ内に収めたりと大変そうです。
また次回コンテストでも「十衛門流」レイアウト期待しています。

この記事へのトラックバック