レイコン2009 ゆきもよ氏「小さな駅」

今回のレイコン作品の中では唯一のヴィネット作品です。
画像

北海道の元仮乗降場の駅をイメージしたとのことです。
画像

線路には木製枕木を敷き、線路わきには精密樹木を埋め込んでいます。小さなレイアウトなだけにしっかり作り込んであります。精密樹木は回らないんで線路わきの草木の表現にはもってこいですね。あと仮乗降場の画像を何枚か見ましたが、プラットホームは板張りのものなど簡素なものが多かったので、既存のプラットホームではなく何か別のもので無理矢理作ってみるのも面白いんではないかと思いました。
画像

草に埋もれているのがローカル線っぽくていい感じです。
画像

車掌車を駅舎として使っています。無理矢理ストラクチャかと思いましたが、実際に車掌車の廃車体を駅や待合室として使用しているらしいです。

ヴィネット作品は比較的作りやすいですが、限られたスペースに自分の表現したいものを詰め込んでいくにはある程度のセンスが必要だと思います。シンプルなようで奥が深いです。

漆黒さんによるレビューはこちら
USO800鉄道さんによる動画はこちら

欠損部品はキハ22 332。手持ちのキハ22に変更しています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆきもよ
2009年10月24日 17:13
こんばんは、ゆきもよです。
レビューありがとうございます。
作品の客観的な感想を聞けるので、とても参考になります。
ホームですが、たしかにこれは立派過ぎますね。
木の枕木で作って見ると良いでしょうね。
うつみ
2009年10月24日 23:24
ゆきもよさんこんばんは。
いろいろと書いていますが仮乗降場という言葉は今回初めて知ったんですよ。なのでいろいろと調べてからこのレビューを書かせてもらいました。

この記事へのトラックバック